司法試験とボートレースと旅行のちゃんぽんページ

心理学者が教える 女性が好きな男性にとる行動ランキング5

2019/03/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。ゴンテです。今回は、趣向を変えまして、恋愛心理学です。この手の話に「絶対」はないですが、たしかに傾向としては当たっていると思いますし、みなさんも思い当たる節があるのではないかと思います。(異性愛者の場合です。)

【第5位】座る位置が正面じゃない

ちゃんと喋れなかったらどうしよう?!ブスだと思われたらどうしよう?!変なミスをして嫌われたくない!恥ずかしい!という心理状態に由来します。いわゆる「好き避け」の一種なんですね。長テーブルに何人かで同時に座るシーンがあったときに、正面を避けて座る女性がいたら、もしかして?逆に、2人きりのデートで4人掛けテーブルに座るときには、正面に座るのが当然なのであしからず。余談ですが、何が何でも女性をソファ席側に座ってもらったり、奥の座席に座ってもらうのは、やめましょう。そこは、お店のレイアウトや荷物の多少によって臨機応変に。

【第4位】口角が上がっている

いわゆる「顔に書いてある」ってやつですね。好きな男性といることで感じるウキウキした気分がにじみ出てしまっていると言われています。顔の筋肉の一つ一つまで意識的に操作できる人は、いませんものね。状況的にそこまで笑うシーンでもないのに微笑んでいたり、明るい表情をしている女性がいたら、男性からアタックするチャンスかも?性格的にリアクションが薄い方やポーカーフェイス女子には当てはまらないので、ご注意を。

【第3位】自分の話題や考え方を話し込む

一般的に、女性は気になる男性がいる場合に、「もっと私のことを知ってほしい」「私はこういう人間ですけど大丈夫ですか」という売り込みの心理がはたらきます。つまり、そこで引かれてしまったら諦めようとか、変に思われていないか探りを入れている行動なんですね。「~じゃない?」と自分の考え方を問いかけて、同意してもらえれば同意してもらうほどに盛り上がるというもの。たしかに、どうでもいい人とは適当に話を合わせるだけで済ませるのが普通ですもんね。

【第2位】少しだけ過剰に謝る

「あ、ごめん。私ばかりずっと話しちゃって。」とか「私ってこういうところがダメなんだよね、ごめんね。」とかいう感じです。いったん殻に閉じこもるというか、予防線を張る心理状態だと言われています。謝るのが当たり前のシーンではなくて、悪く言えば、ドジっ子アピールと表現するのが近いでしょうか。んー、でもこれって付き合う前だけですよね(笑)

【第1位】ついつい質問攻めしてしまう

相手のことをもっと知りたいという心理です。「ついつい」というのが味噌です。場を繋ぐために気を遣って質問してくれる女性ももちろん素敵なのですが、それとは別に、お互いに会話をしている状態で、たくさんボールが飛んでくる状態と言うと分かりやすいでしょうか。女性の皆様、収入の探りを入れる質問は、男性は気付いていますよ(笑)それはさておき、「どこに行きたい?(旅行の趣味が合うか)」「夢は何?(将来のことをちゃんと考えているか)」「好きな女性のタイプは?(自分がそのタイプに入っているか)」「好きな食べ物は?(食の好みが似ているか)」「何人と付き合ったの?(想像どおりの人数か)」。女性は現実的です。男性が取り繕ってもボロが出るだけですから、かっこよく生きたいものです。

以上です。他の記事もご覧ください。ゴンテ

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ゴンテのぼーっと日記 , 2018 All Rights Reserved.