司法試験とボートレースと旅行のちゃんぽんページ

新幹線の指定席が当日満席だったときの対処法-帰省ラッシュやUターンラッシュでも諦めないぞ

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。ゴンテです。新幹線が当日満席だったときの対処法を3つご紹介します。特に、3つ目の方法は、裏技的要素があってオススメですよ。速く予約しておけば良かったという後悔は捨てて、座って目的地まで行きましょう(^^)長距離の立席はシンドイですもの。。。

其の壱「グリーン車を狙う」

普通車指定席が満席だった場合には、グリーン車を取るのが手っ取り早いことが多いです。割高感は否めませんが、疲労感からは解放されることでしょう。

其の弐「JRサイバーステーションから空席確認を何度もする」

新幹線って、キャンセル待ちシステムがないんですよね、意外と。とにかく、何度も空席確認を自力でし続けるしかありません、暇がないと無理ですが。インターネットからは、JRサイバーステーションというサイトからすぐに空席照会ができますし、JRのサイトに予め登録しておけば、クレジット決済で切符が買えます。駅の窓口に出向くというアナログ的な方法もまあ有ります。

其の参「座席が替わっても結構です。」

どの新幹線の普通車指定席もグリーン車も全て「×」「×」と表示されたとき、始発駅からなら自由席の列に並ぶという手もありますが、その前に諦めずに一手を打つべし。駅の窓口に行って、「途中駅での座席移動とか新幹線が替わってもOKです。」と言うと、例えば、東京→名古屋はのぞみ11号車2A、名古屋→新神戸は同じ列車の12号車4D、新神戸→広島はひかり12号車7Aのように綱渡りしながら、指定席に座り続けることができる可能性が高くなります。

以上です。良いお年をお迎えください。ゴンテ

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ゴンテのぼーっと日記 , 2018 All Rights Reserved.